市販製品との違いについて

未分類

医療用かつら、そして市販の製品というのは何か違いがあるのでしょうか。実はこの2つにおいては、明確な差というものはありません。実際のところ、市販されているようなおしゃれ用のウィッグでも問題はないのです。ですが、医療用かつらを使う理由というのは確かにあるのです。

調整医療用かつらの大きな特徴として挙げられる点は、治療の期間中にストレスなく装着し続けることができることができるだけの精巧なつくりを持っているのです。この精巧なつくりがあるからこそ、装着していても見た目が自然になりますから、他人からの視線があまり気にならないという点があるのです。また長時間装着していても蒸れないように、通気性の良い作りになっています。

さらに、医療用かつらは、サイズが調整できるという市販品との大きな違いがあるのです。抗がん剤の治療を始めてから終えるまでの過程において、人の頭のサイズは1センチから2センチ変化するといわれています。もしもサイズの調整ができなければ、隙間ができて頭の生え際などが不自然になってしまいますが、調整がその都度可能であれば、どの過程においてもしっかりとフィットしてくれるということになります。さらには、肌にしっかりと優しい素材で出来ているため、安心して利用が可能となっているのです。また、重さもほとんど感じないため優秀です。